MENU

建築理念

世界で1つだけの我が家創り

それぞれの家族がライフスタイル、価値観を持っている昨今、「とっておきの我が家へようこそ」これが私たちの家づくりのテーマです。

人とは違った自分たちだけのこだわり住宅、何年経っても自分たちの好きな場所は「我が家です。」と言っていただけるよう大切な思いの込もった家をお客様とご一緒に創りあげていけるよう心掛けて日々仕事に取り組ませていただいております。

アットホームで
気軽に相談できるパートナー

当社は小さな会社なので、実績数では豊富にある大手さんには敵いません。
しかし、小さな会社だからこそ小回りの良さでは大手に負けません。お客様の困ったには迅速かつ丁寧にお応えし、いつでも家に関することなら創建築デザインに任せれば安心と思っていただけるようなそんな身近な住まいのパートナーでありたいと願っております。

女性設計士が女性目線でのご提案も

当社のお客様の中にお子様の誕生を機に、新築や立替えをお考えになる方が多くいらっしゃいます。そんな時にご家族の中でも奥様は住まいのあらゆる場所を知り尽くし、たくさんのご要望を持たれております。

そこでお客様が当社を選んでいただく理由のひとつに、女性設計士の存在があります。女性独自の目線でご提案させていただくことで、多くのお客様より「なるほど!それはいいね!」など多くの喜びの声を頂戴しております。

低価格

低価格のヒミツ

創建築デザインでは、それぞれの業種の工事に対して専属の職人さんを抱えており、直接工事を依頼しております。
一般的な住宅メーカーさんのように下請け工務店に丸投げ方式設計業務についても外注に依頼するようなことはしておりません。
これにより無駄な経費を使わないで日々コストダウンに努めております。

住宅展示場を持ちません

住宅展示場に建てたモデルハウスは莫大な経費がかかります。(年間数千万円も)さらに無人という訳にはいかないので人まで雇うから人件費もかかります。
大手ハウスメーカーさんが見せるためだけの豪華なモデルハウスは実際に皆様が建てている5倍程度の金額を費やしているのです。

現金仕入れ・現金払い

通常、建設業界での支払い方法は手形によって支払われています。手形というのは、約3ヶ月後から6ヶ月後に100%の現金となります。100%手形、場合によっては半金半手(半分現金・半分手形)という形によって支払われています。

創建築デザインでは、建材メーカー・材木メーカー・職人さんには全て現金を支払っております。仕事をする職人さん、メーカーは倒産の心配が少なく、かつ金利分・余剰経費を安く設定することができます。これによって交渉し、他社よりも安く良品質な材料を仕入れられるのです。

高品質・構造体

耐久性に優れた
ツーバイフォー(2×4)工法

創建築デザインは200年以上にわたる歴史をもつツーバイフォー工法を理想の家づくりのための基本技術として取り入れております。

ツーバイフォー工法は世界でも多く一般に広まった工法で、6種類の規格材のうち「約2インチ×約4インチ(ツーバイフォー)」材を主な基本構造材とすることがその名前の由来です。こうした規格の統一は、安定した部材の供給や高品質、現場での汎用性、シンプルな構造システムの実現などに大きなメリットがあります。

ツーバイフォー工法の構造材は
自然素材である木

鉄やコンクリートより熱伝導率が低い木は、ぬくもりを感じる素材です。
人の体重を支える足への負担は想像以上に大きいものですが、適度な弾力性をもつ木の床は、やわらかな触感で人にやさしく鉄やコンクリートなどと比べ疲労を心地よく和らげてくれます。

歴史的建造物が耐久性を証明

19世紀の北米で生まれたツーバイフォー工法は、その後アメリカ全土に普及しました。北米には今も当時の建物が多数残り住み継がれています。

ツーバイフォー工法が日本へ伝えられたのは明治初頭、現在も美しい姿をたたえる代表的な建築物は札幌時計台や自由学園明日館などがあります。住宅においても築80~90年以上経過したものもあり、ツーバイフォー工法の優れた耐久性を実証しています。

高い性能と快適さを誇る
ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法は高強度な構造で、地震・火災などの災害からお客様の大切な暮らしを守ります。この工法が持つ高い断熱性、気密性、遮音性により快適な住まい空間を実現します。一般木造の次世代省エネ基準仕様に比べ標準仕様で、約30%(年間約5万円)も節約できる省エネ住宅です。

高い性能と快適さを誇るツーバイフォー工法の家が、お引渡し後も末永く安心してお住まいいただける家であるために、構造躯体に対して長期20年保証システムを実施しております。

さらに住まいの点検を定期的に実施していくためお客様の情報を登録し、お引渡しから半年・一年・三年後に専任スタッフが定期点検サービスにお伺いするなど末永く住まいを見守り続けています。

ツーバイフォー工法は増改築にも適しています

ツーバイフォー工法は基礎を含めた構造躯体であるスケルトンと、
設備や仕上げ、間仕切り壁などのインフィルというふたつの要素で成り立っています。
美しさを保つインフィルが明確に分離し、さらに構造ルールが厳密で明確なツーバイフォー工法は増改築に大変優れています。

新築時などに将来を見据えてプランニングすることで、より可変性の高い住まいが実現できます。
そんな構造上のメリットを最大限に活かしたご提案が創建築デザインの最大の特徴です。

ご相談・お問い合わせ

営業時間 / 定休日 > 10:00~19:00 / 水曜日
※但し、お打ち合わせ日などはお客様のご都合を最優先いたしますのでご相談ください

©2018 株式会社創建築デザイン