低価格

高品質・構造体

  • 耐久性に優れたツーバイフォー(2×4)工法

    耐久性に優れたツーバイフォー(2×4)工法

    創建築デザインは北米の過酷な条件の中で育まれ、200年以上にわたる歴史をもつツーバイフォー工法を理想の家づくりのための基本技術として取り入れております。

    ツーバイフォー工法は世界でも多く一般に広まった工法で、6種類の規格材のうち「約2インチ×約4インチ(ツーバイフォー)」材を主な基本構造材とすることが、その名前の由来です。こうした規格の統一は、安定した部材の供給や高品質、現場での汎用性、シンプルな構造システムの実現などに大きなメリットがあります。

  • ツーバイフォー工法の構造材は、自然素材である木

    ツーバイフォー工法の構造材は、自然素材である木

    鉄やコンクリートより熱伝導率が低い木は、ぬくもりを感じる素材です。

    また、人の体重を支える足への負担は想像以上に大きいものですが、適度な弾力性をもつ木の床は、やわらかな触感で人にやさしく、鉄やコンクリートなどと比べ、疲労を心地よく和らげてくれます。

  • 歴史的建造物が耐久性を証明

    19世紀の北米で生まれたツーバイフォー工法は、その後アメリカ全土に普及しました。北米には今も当時の建物が多数残り住み継がれています。

    ツーバイフォー工法が日本へ伝えられたのは明治初頭、現在も美しい姿をたたえる代表的な建築物は、札幌時計台や自由学園明日館などがあります。住宅においても築80~90年以上経過したものもあり、ツーバイフォー工法の優れた耐久性を実証しています。

  • ツーバイフォー工法は増改築にも適しています。

    ツーバイフォー工法は、基礎を含めた構造躯体であるスケルトンと、設備や仕上げ、間仕切り壁などのインフィルというふたつの要素で成り立っています。強く堅牢なスケルトンと、メンテナンスにより美しさを保つインフィルが明確に分離し、さらに構造ルールが厳密で明確なツーバイフォー工法は、増改築に大変優れています。

    また、新築時などに将来を見据えてプランニングすることで、より可変性の高い住まいが実現できます。
    そんな構造上のメリットを最大限に活かしたご提案が、創建築デザインの最大の特徴です。

  • 高い性能と快適さを誇るツーバイフォー工法

    高い性能と快適さを誇るツーバイフォー工法

    ツーバイフォー工法は高強度な構造で、地震・火災などの災害からお客様の大切な暮らしを守ります。

    また、ツーバイフォー工法が持つ高い断熱性、気密性、遮音性により快適な住まい空間を実現します。 一般木造の次世代省エネ基準仕様に比べ標準仕様で、
    約30%(年間約5万円)も節約できる省エネ住宅です。

  • 安心の長期保証システム

    高い性能と快適さを誇るツーバイフォー工法の家が、お引渡し後も末永く安心してお住まいいただける家であるために、
    構造躯体に対して長期20年保証システムを実施しております。

    さらに住まいの点検を定期的に実施していくため、お客様の情報を登録し、お引渡しから半年・一年・三年後に
    専任スタッフが定期点検サービスにお伺いするなど、末永く住まいを見守り続けています。

PAGE TOP